採用情報

西牟田 菜月(東京支店 建築室)
2018年入社
建築学専攻大学院修了

入社した理由・動機
学生時代は、住宅や木造建築に関わる研究をしていました。集落や集合住宅の調査などを行い、住んでいる人達の話を聞く中で、より良い住宅をつくるためには建築だけではなく、その外側にあるまちづくりまで含めて考える事が大切だと思うようになりました。 就職活動では、市浦が住宅政策やまちづくりから住宅設計までの仕事を一つの会社で行っている事を知り、志望しました。
入社してからの仕事
入社後は、住宅を含んだ複合施設の基本設計、公共住宅の建て替えや災害復興住宅の設計の業務に携わってきました。日影規制や公共積算など、住宅設計に係わる基礎的な部分を学びながら、風や熱環境の解析シュミレーションを通じて、配置検討における多面的な検討も行いました。とくに今はBIMが導入されたので、使い方を学びつつ今後の業務にどんな活用の可能性があるのかを模索しています。
仕事の魅力・やりがい
わたしがいる建築室では、とくに団地や公共住宅に関わる業務が多く、しかも複数の住棟からなる大規模な計画になるので、建物だけでなく周辺環境やまちへの影響を深く考えさせられるところに魅力を感じます。また、一口に集合住宅と言っても、災害復興住宅・再開発建築・複合施設など様々な種類がある事で多様な経験を積める場である事も魅力です。
会社の雰囲気
建築室は都市計画・設計室と多くの業務で連携しています。このように部署を横断した業務が多くあるため会社としての一体感が強いように思います。建築室の中でも会議では上司・部下という関係を超えて意見を出し合える雰囲気があり、相談もしやすい環境です。 また、年に一度の社員全員での海外研修や、市浦が幹事を務める「集合住宅研究会」での多様なテーマの研修や他の設計事務所等との交流など、業務以外の学びの場も充実していることは成長への刺激と励みになります。
就活性へのメッセージ
就職活動では、自分がしたい事はなんだろうかと悩む事もあると思いますが、一人で悩んでいるよりも、視野を広げて色んな会社を見ることをお勧めします。HPや資料を読むだけではなく、できれば実際に会社に行って社員の方に話を聞くことで、思っていなかった事に興味が湧いたり、それまで知らなかった仕事に気づくことが多々あります。
※画像をクリックすると詳細ページへ移動します

金村 麗華
東京支店 都市計画室

大庭 矩文
大阪支店 計画室

山崎 優介
大阪支店 計画室

徳岡 怜美
大阪支店 建築室

牧 祐生
福岡支店 計画設計室

カテゴリメニュー

採用情報
採用情報トップ
インターンシップ
会社説明会
社長メッセージ
先輩社員紹介


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)