採用情報

山崎優介(大阪支店 計画室)
2017年入社
建築学専攻大学院修了

市浦に入社した理由・動機
大学院時代に取り組んでいた木造密集地域のまちづくり支援の中で、まちづくりの楽しさと同時に、もどかしさも感じていた私は、研究室の先輩から市浦の紹介を受けて、自分に合っているかもしれないと直感しました。それから市浦について調べていくうちに、複数のプロジェクトを進めて色々なまちの事を知りながら、「まちを実際に動かす提案」が出来る仕事だということを知り、市浦で仕事をしたいと思うようになりました。
入社してからの仕事
PFI事業プロポーザルの中で、地域コミュニティ活性化の取組みと、それを担う組織を地域の中から見つけて提案をするという業務を担当しました。その中で、入社当初から先輩と地域に何度も出向き、興味を示す団体を探して提案につなげるという、多様なまちづくりへのアプローチを実感しました。また現在は、異なる3つの団地の建替計画検討や、3Dモデリングソフトを活用したプレゼンテーション作成など、様々な業務に関わっています。
仕事の魅力・やりがい
少子高齢化や、建物の老朽化等、地域が抱えている問題解決を機会に、地域にある建物や空間、活動や人、地域が本来持つ都市構造の特徴など、地域のポテンシャルを見出しプランニングすることで、「まちをリニューアルできる魅力」が市浦の仕事にはあると思います。学ぶことは絶えないですが、難しい条件下の中で、如何に工夫して豊かな住環境を生み出せるか、日々手を動かして検討することは楽しく、やりがいがあるように感じます。
会社の雰囲気
市浦では、業務に応じプロジェクトチームを組んで仕事に当たります。年齢の比較的近い先輩も多いので、気軽に質問をすることが出来る雰囲気があり、チームでの情報共有や作業方針の確認の機会が細かくあるので、先輩方の考え方や姿勢から学ぶ機会が豊富にあります。また、所内研修でAi(人工知能)に関する講演を聴講したり、VR等の最先端技術の導入を検討するなど、積極的に新しいことに挑戦していく人が多く、刺激があります。
学生へのメッセージ
将来の可能性を自分で狭めないでほしいと思います。就職活動中は既存の働き方や仕事にこだわりがちですが、新たな環境で変化に柔軟に対応しながら理想の働き方を模索することを楽しむ、くらいの気持ちで、まずは社会人としてのスタートを切れたら良いのかなと思います。そういう意味で、市浦はこれまでの積み重ねが豊富にありながらも、様々な仕事に挑戦していくことが出来ると思うので、興味のある方は是非話を聞きに来て下さい。
※画像をクリックすると詳細ページへ移動します

金村 麗華
東京支店 都市計画室

大庭 矩文
大阪支店 計画室

山崎 優介
大阪支店 計画室

徳岡 怜美
大阪支店 建築室

牧 祐生
福岡支店 計画設計室

カテゴリメニュー

採用情報
採用情報トップ
インターンシップ
会社説明会
社長メッセージ
先輩社員紹介


ピックアップ

  • ハウジングの話
  • ニュータウンの話
  • PICKUPプロジェクト(建築系)